韓国のストリートファッションシーンにおいてグラフィックを大胆に配したロゴアイテムが大変な人気を博しています。韓国やアジアのブランド特有のユーモアに溢れた、思わずクスッと笑ってしまうような楽しいデザインが特に人気なようです。

着ているだけで気分の上がるグラフィックアイテムの中から、デザイン性に富んだ特に人気のアイテムをご紹介します。

某コーヒーショップを大胆にサンプリング!?

https://www.instagram.com/p/CFUWY4chc9j/?utm_source=ig_web_copy_link

韓国のストリートファッションシーンにおける攻撃的な態度が見えてくるような、大胆なデザインにさすがに驚いてしまいます。誰でも一見して某コーヒーチェーンの姿を思い浮かべてしまうという、人類共通の話題になりうる力を秘めているフーディーです。これから冬を迎える季節にいかがでしょうか。

【商品説明】

ブランド:STOCKHOLM SYNDROME(ストックホルムシンドローム)

アイテム:SAFUHDフーディー

価格:¥7,920

商品ページへ

 

叫んで…ない

先ほどのアイテム同様STOCKHOLM SYNDROME(ストックホルムシンドローム)のフーディーです。こちらにも、構図的にはどこかで誰もが見たことのあるような絵がプリントされています。細かな描写が隠されており、後ろから見た人を楽しませることもできます。名作をサンプリングする文化こそストリートファッション界隈に根付いたものです。

【商品説明】

ブランド:STOCKHOLM SYNDROME(ストックホルムシンドローム)

アイテム:SAFUフーディー08

価格:¥6,930

商品ページへ

 

反転書体がクールな一着

こちらのアイテムも同じくSTOCKHOLM SYNDROME(ストックホルムシンドローム)のアイテムでありますが、先ほどのアイテムとは打って変わってシンプルな刺繍が施されたデザインです。冬っぽい寒色の色合いが落ち着いたスタイリングの中心にいかがでしょうか。

【商品説明】

ブランド:STOCKHOLM SYNDROME(ストックホルムシンドローム)

アイテム:SAFUKL01セーター

価格:¥7,920

商品ページへ

– STOCKHOLM SYNDROME(ストックホルムシンドローム)とは?

STOCKHOLM SYNDROME(ストックホルムシンドローム)とは、韓国・ソウル発のストリートウェアブランドで、2020年よりNCTメンバーやSEVENTEENが着用したことで日本で話題を集めはじめたブランドです。ガイコツのグラフィックを基調にしつつ、アバンギャルドなポップカラーを使ったデザインがHIP HOP界隈でも同時に話題をよんでいます。

STOCKHOLM SYNDROMEのアイテムはこちら

jouetieともコラボしているWONDER VISITORなデザイン

https://www.instagram.com/p/CDoFbE2AJjM/?utm_source=ig_web_copy_link

日本を代表するファッションアイコンであるAmiAyaが主宰するブランド・jouetieともコラボを果たしているWONDER VISITOR(ワンダービジター)を象徴するグラフィックです。こちらのデザインは毎シーズンリリースされており、今やブランドの定番アイテムとして人気です。ロングスリーブシャツは冬場にこそおすすめです。

【商品説明】

ブランド:WONDER VISITOR(ワンダービジター)

アイテム:2020ハッピーロングスリーブTシャツ

価格:¥7,150

商品ページへ

 

2020年を象徴するグラフィックを早くも取り込む

ハンドウォッシングTシャツとは、もちろん昨今の状況に対してのメッセージです。悲観的なメッセージのない上に、人類共通に伝わるグラフィックをこのスピード感とクオリティで実現出来るあたりに韓国ブランドならではの強みを感じる。表現こそストリートファッションです。

【商品説明】

ブランド:WONDER VISITOR(ワンダービジター)

アイテム:ハンドウォッシングTシャツ

価格:¥6,490

商品ページへ

– WONDER VISITOR(ワンダービジター)とは?

ポップなフォントスタイルとビビットなペイントスタイルをデザインに落とし込む韓国発の人気ストリートウェアブランド・WONDER VISITOR(ワンダービジター)です。オリジナルのアニメビジュアルが韓国内で人気を呼び在庫切れが続く2020年注目の若手ブランドです。

WONDER VISITORのアイテムはこちら

 

話題のタイポグラフィデザイン

ブランド独自の書体やグラフィックを押し出していく姿勢は、昨今のストリートファッションシーンにおける主流になっていると言っても過言ではないでしょう。CAVISH(カビシ)のこちらのアイテムも近年のトレンドを汲むようなデザインに仕上がっています。

【商品説明】

ブランド:CAVISH(カビシ)

アイテム:セラーロゴフーディー

価格:¥10,626

商品ページへ

 

シンプルなのに気になる点がたくさん

こちらもCAVISH(カビシ)のデザインですが、先ほどとは違ってオリジナル味に溢れたグラフィックスウェットシャツです。ひどく気になるキャラクターがいる、というだけでこれだけの存在感が出せるという点もグラフィックアイテムが流行している要因の1つでしょう。

【商品説明】

ブランド:CAVISH(カビシ)

アイテム:メルトアウトラインロゴスウェットシャツ

価格:¥8,316

商品ページへ

– CAVISH(カビシ)とは?

CAVISH(カビシ)は韓国・ソウルで2020年に立ち上がった新進気鋭ブランドです。日常の新しいものからインスピレーションを受け、ファッションアイテムのみならず他製品へとデザインを展開しました。あの人気ブランド マハグリッドのセカンドブランド的立ち位置で牽引する新感覚ブランドとなっています。

CAVISHのアイテムはこちら

 

クールなグラフィックは韓国のナイトシーン的

UNALLOYED(アナロイド)はグラフィックアイテムに定評のあるブランドです。こちらのアイテムは手書き風のグラフィックをフロント中央に配するという斬新なデザインです。ロングスリーブシャツはこれくらい主張のあった方がいいかもしれないです。

【商品説明】

ブランド:UNALLOYED(アナロイド)

アイテム:ドラマーグラフィックTシャツ

価格:¥5,390

商品ページへ

– UNALLOYED(アナロイド)とは?

UNALLOYED(アナロイド)は韓国・ソウルを拠点とするストリートスェアブランドです。A-LANDなど著名なセレクトストア等で取り扱われています。ユニセックスのアイテムを中心に展開し、独特なレトロ×奇抜なカラー展開とシンプルなアイテムデザインが韓国のみならず日本でも注目を高める人気ブランドです。

UNALLOYEDのアイテムはこちら

 

古さが新しいキュートなデザイン

古着的なニュアンスがどこか懐かし新しいカットソーです。イルカのデザインはもうなんとも言えない絶妙な塩梅を持って私たちを見てきます。グラフィックアイテムにはそんな時代を超えた魅力もあります。冬場にはインナーとして楽しむのが良さそうなアイテムです。

【商品説明】

ブランド:WAIKEI(ワイケイ)

アイテム:ドルフィングラフィッククロップTシャツ

価格:¥4,290

商品ページへ

– WAIKEI(ワイケイ)とは?

BTSやWANNAONE、SEVENTEENなどが愛用するユニセックスカジュアルブランドです。韓国を拠点にキュートなスタイルで男女ともに人気を博しています。WAIKEI(ワイケイ)というブランド名のオリジナルTシャツを中心に、韓国から他アジア圏内に広がりを見せる有名ブランドとなっています。

WAIKEIのアイテムはこちら

 

これぞ韓国ストリートファッションのグラフィックアイテム

ブルーの地に、飛行機のグラフィック、ストリート的な情景を想像させる文言が添えられているという昨今のストリートファッションのど真ん中を貫くデザインのアイテムです。少し強めなカラーリングだが、冬場にスタイリングには欠かせない1着となりそうです。

【商品説明】

ブランド:J INDUSTRY(ジェーインダストリー)

アイテム:ノーバッドトリップフーディー

価格:¥7,150

商品ページへ

– J INDUSTRY(ジェーインダストリー)とは?

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)は韓国・ソウル拠点のストリートブランド。ソウルの有名DJやYoutuberが着用して話題になっています。西洋のようなロックテイストなビジュアルをメインに展開を進めています。ストリートらしいグラフィックアイテム以外にも、モードスタイルなジャケット等も多く扱っています。

J INDUSTRYのアイテムはこちら

 

韓国のストリートファッションシーンは年々熱を帯びてきています。冬だからってストリートファッションが途絶えるということは決してありません。こうしている今も進化を続けています。現状その中でも勢いのあるデザインが、今回ご紹介したグラフィックやタイポグラフィを大胆に配したデザインです。近年の流行を早速デザインに落とし込むスピード感と感性は、さすがアジアブランドといったところですね。

SIXTYPERCENTでは他にも多数のアジアブランドを取り扱っている。あなたのお気に入りを探してみて。

 


他のアジアブランドが気になる方はこちらの記事をチェック