GOT7(ガッセ)といえばストリートなイメージでデビューし、デビュー6年を迎えた今ではクラシックな大人な魅力を演出するボーイズグループだ。そんな多くの魅力を持つGOT7(ガッセ)のメンバーから見る王道ストリートファッションをご紹介。

 

GOT7(ガッセ)とは

2014年に2PMの弟分としてデビューし韓国、アメリカ、香港、タイ出身メンバーで構成された多国籍ボーイズグループとしてYouTubeではMV再生回数が1億回を超えるなど世界中に注目を浴びているK-POPボーイズグループだ。そんなGOT7(ガッセ)からメンバーの紹介と共に彼らが着用する韓国ブランドの王道ストリートファッションをご紹介。

 

JB(ジェイビー)のRAUCOHOUSE(ラウコハウス)のハットコーデ

GOT7(ガッセ)のリーダーであるJB(ジェイビー)はメンバーであるジニョンとGOT7(ガッセ)としてデビューする前にJJ Projectとしてデビューした経験もあり、Defsoulという名前で作詞作曲も行うアーティスティックな魅力あるメンバーだ。また、YSL(イブサンローラン)のファッションショーにも参加経験のありマルチに活躍している。そんなJB(ジェイビー)はインスタライブにてRAUCOHOUSE(ラウコハウス)のハットを着用した。JB(ジェイビー)はRAUCOHOUSE(ラウコハウス)のようなハットからニット系など様々なタイプのハットでストリートファッションを楽しむ姿を魅せていることが多いメンバーだ。

−JB(ジェイビー)着用のRAUCOHOUSE(ラウコハウス)とは

JB(ジェイビー)着用のRAUCOHOUSE(ラウコハウス)は快適ながらも洗練させれたスタイルをアイテム展開することを追求したユニセックス韓国ブランドだ。

RAUCOHOUSEのアイテムはこちら

ヨンジェが魅せるラジオとオフショットのTシャツコーデ

GOT7(ガッセ)のメンバーの中でもヨンジェは高音ボイスで魅力あるメンバーであり、メンバーの中でも練習生期間が7ヶ月と短い練習生期間を経てデビューしたメンバーだ。そんなヨンジェはラジオ放送にてLABELESS()のTシャツを着用した。ヨンジェはGOT7(ガッセ)のメンバーの中でもLABELESS()のTシャツのようにシンプルで決めすぎないストリートファッションを楽しんでいるメンバーだ。

−ヨンジェ着用のLABELESS(レイブレス)とは

LABELESS(レイブレス)は大胆かつ繊細で柔らかいデザインでミニマリズムベースでアイテム展開する韓国ブランドだ。

LABELESSのアイテムはこちら

 

ヨンジェがメンバーとのオフショットの中で魅せたTシャツコーデ

ヨンジェはメンバーでありユギョムとジニョンとのショットでISTKUNST(イーストクンスト)のTシャツコーデは

ISTKUNST(イーストクンスト)の定番アイテムであり、ストリートな中でも可愛らしいアイテムだ。

−ヨンジェ着用のISTKUNST(イーストクンスト)とは

新感覚なストリートスタイルにUのロゴマークのアイテムが大きな注目を浴び、韓国の10代から30代の若者を中心に愛されている韓国ブランドだ。

ISTKUNSTのアイテムはこちら

 

ユギョムのシンプルなTシャツでまとめた公園コーデ

ユギョムはGOT7(ガッセ)の最年少マンネメンバーであり、ダンスマシーンと呼ばれるほどのダンスの才能あるメンバーでデビュー前からダンス大会で入賞した経験もある実力の持ち主だ。そんなユギョムは愛犬ダルギョムとのオフショットをインスタにて公開した。そんなユギョムのプライベートでSAINTPAIN(セントペイン)のTシャツを着用していたが、グレーと落ち着きのあるカラーはユギョムらしいカラーだろう。

−ユギョム着用のSAINTPAIN(セントペイン)とは

SAINTPAIN(セントペイン)は若い頃に感じる辛い経験と夢を叶えるための過程を意味したブランドであり、そのような経験は神聖と考え、その考えをSAINTPAIN(セントペイン)らしくアイテム展開する韓国ブランドだ。

SAINTPAINのアイテムはこちら

 

ユギョムとマークが魅せたお揃いフーディコーデ

 

ユギョムはVliveでCOAYのフーディーを着用していたが、ヘアバンドを小物アイテムとして合わせることで王道感を感じさせるメンズストリートコーデを魅せてくれている。COAYのブランド紹介はマークと一緒にご紹介。

 

マークはユギョムと同じCOAYのフーディー姿を披露したが、ユギョムとは違いシンプルに着こなすことでラフで少年のような魅力を演出している。そんなマークはアメリカ出身の台湾系アメリカ人で当時通っていたアメリカの学校にてJYPエンターテイメントのスカウトマンにスカウトされたことがきっかけで単身韓国に渡ったメンバーである。また、スマートな顔立ちからファッション雑誌でも単独でモデルを務めることもあるメンバーだ。

−ユギョムとマーク着用のCOAY

ユギョムとマークが着用するCOAYは2020年に誕生したストリートブランドながらも多くの韓国アーティストに愛されているブランドだ。

COAYのアイテムはこちら

 

マークの可愛らしさ感じるBEYONDCLOSET (ビヨンドクローゼット)のストリートコーデ

マークはBEYONDCLOSET (ビヨンドクローゼット)のTシャツで可愛らしい魅力を魅せた。BEYONDCLOSET (ビヨンドクローゼット)らしいハートのデザインが可愛らしい魅力を感じさせてくれているだろう。

−マーク着用のBEYONDCLOSET (ビヨンドクローゼット)とは

BEYONDCLOSET (ビヨンドクローゼット)はK-POPアーティストが着用したことで注目が浴び、韓国のファッション祭典であるソウルファッションウィークにも参加するなど韓国のみならず世界中のファッション業界から注目を浴びているブランドだ。

BEYONDCLOSETのアイテムはこちら

 

ジニョンの空港ファッションから見るストリートTシャツコーデ

ジニョンはGOT7(ガッセ)のメンバーでも俳優業で活躍するメンバーであり、ファッションコーデもスタイリッシュでカジュアルなコーデを好んでいるメンバーだ。そんなジニョンは87MM(パルチルエムエム)のTシャツでラフなコーデを披露した。Tシャツにデニムコーデはストリートコーデの中でも男女問わず王道で人気なスタイルだろう。

−ジニョン着用の87MM(パルチルエムエム)とは

韓国の若者に絶大な人気を得ているブランドでもあり、ストリートな中に可愛らしいロゴが愛されている。その人気は韓国に止まらず世界中のストリートファッション好きを虜にしているブランドだ。

87MMのアイテムはこちら

 

ベンベンの個性光るストリートTシャツコーデ

 

ベンベンはタイ出身のメンバーであり、BLCKPINKのメンバーであるリサとは韓国にて練習生となる前からの友達である。また、GOT7(ガッセ)のメンバーの中でも高身長かつスラッとしたスタイルが魅力であり、ベンベンはそのスタイルを活かしてクラシックなコーデを楽しんでいることが多い。そんなベンベンはイベントにて13MONTH(サーティーンマンズ)のTシャツを着用した。王道なストリートコーデだが、アクセサリーやベルトなどの小物をラグジュアリー印象あるアイテムで揃えることで綺麗でスタイリッシュなコーデへと魅せている。

−ベンベン着用の13MONTH(サーティーンマンズ)とは

韓国人デザイナーソン・ソンミがディレクターを務めるユニセックスブランドであり、13月がないようにどこにも存在しないようなアイテムを展開していこうという思いからアイテム展開する韓国ブランドだ。

13MONTHのアイテムはこちら

 

ジャクソンが魅せるAndersson Bell(アンダーソンベル)のジャケットコーデ

ジャクソンはフェンシングの国家代表選手としてオリンピックを目指していた青年だったが、アイドルになる夢が諦めきれずアイドルになるため韓国に渡ったメンバーだ。現在では出身国である中国でソロ活動もしている。また、Jackson WangとしてはラグジュアリーブランドであるFENDI(フェンディ)とコラボするなど音楽からファッション業界までワールドワイドに活躍するメンバーだ。そんなジャクソンはAndersson Bell(アンダーソンベル)のデニムジャケットコーデを披露した。ジャクソンのコーデでは珍しい明るいブルーをコーデに持ってきているが、フレームの大きいメガネがジャクソンらしい魅力をかんじさせてくれている。

−ジャクソン着用のAndersson Bell(アンダーソンベル)とは

スタンジナビア文化からインスピレーションを受けている韓国ブランドであり、韓国の文化と対照的だがあえてマッチさせることでAndersson Bell(アンダーソンベル)らしくユーニークなアイテム展開をしている韓国ブランドだ。

Andersson Bellのアイテムはこちら

 

GOT7(ガッセ) メンバーはストリートファッションであってもメンバーそれぞれの好みと独特な魅力をコーデに取り入れて自分だけの魅力にしているところこそよりメンバー一人一人の魅力をかんじさせてくれている。そんなメンバーたちのコーデを真似してみては如何?


男性K-POPアイドルのストリートファッションをもっと見たい方はこちら