aespa(エスパ)とは2020年11月17日にデビューしたSMエンターテイメント期待の星であるガールズグループだ。そんなaespa(エスパ)の魅力をメンバー紹介とファッションコーデを交えながらご紹介。

 

目次

aespa(エスパ)とは

aespa(エスパ)とはSMエンターテイメントから4年ぶりの新グループとして注目されているガールズグループだ。デビュー曲「Black Mamba」はMV公開後24時間で2100万回再生を超え、公式インスタグラムは110万人超え記録するなどデビューしてまもならないにも関わらず注目されているガールズグループだ。また、K-POP初のメンバーの中にAIメンバーがいるグループとして話題を浴びている。aespa(エスパ)は4人のメンバーで構成され、4人それぞれにアバターであるAIメンバーが存在し、計8人でグループ構成されているが、AIメンバーもライブからテレビ出演まで行うとのことで新時代のK -POPアイドルとしてデビューした。そんなaespa(エスパ)のメンバー紹介とファッションコーデと共に 魅力をご紹介。

 

aespa(エスパ)メンバーKARINA(カリナ)とは

aespa(エスパ)メンバーのKARINA(カリナ)は練習生の頃にテミン のMVにてバックダンサーとして出演していたメンバーだ。aespa(エスパ)ではラップとダンスを務めている。

 

KARINAのCuretty(キュレッティ)で作るガールクラッシュコーデ

KARINAはCuretty(キュレッティ)のトップスを着用したコーデを公開。ショート丈でタイトなスタイルは韓国女子らしいコーデだろう。

−aespa(エスパ)メンバーKARINA(カリナ)着用のCuretty(キュレッティ)

KARINAが着用するCuretty(キュレッティ)はユースカルチャーと多様性をアイテムデザインに込めたアイテムが韓国の若者を中心に愛されている韓国ブランドだ。

Curettyのアイテムはこちら

 

aespa(エスパ)メンバーKARINAのゴージャスな大人コーデ

KARINAのコーデはティザー内でアバターであるMy KARINAとの対談シーンで公開されたコーデであり、My KARINAはLEHHO(レホ)のブラトップをゴージャスなコーデのアイテムに取り入れた。

−aespa(エスパ)メンバーKARINA(カリナ)着用のLEHHO(レホ)

LEHHO(レホ)はニューヨークパーソンズ出身のソクシネデザイナーがデザイナーを務める韓国ウィメンズブランドであり、女性一人一人が固定概念に囚われず冒険できるようなコーデを日常生活でも楽しめるようにアイテム展開している。

LEHHOのアイテムはこちら

 

 

aespa(エスパ)メンバーKARINA(カリナ)のドレスコーデ

このコーデもまたティザーでのコーデであり、KARINAが魅せる大人っぽいゴージャスな魅力をより惹き立たせてくれているコーデだ。

−aespa(エスパ)メンバーKARINA(カリナ)着用のbridalkong(ブライダルコン)

bridalkong(ブライダルコン)とは韓国のウェディングドレスブランドであり、カスタマイズスタイリングで一人一人の魅力を引き出している。また、bridalkong(ブライダルコン)のモデルは韓国で活躍する日本人モデル・メグが務めている。

bridalkongのアイテムはこちら

 

aespa(エスパ)メンバーKARINA(カリナ)のポップなガールズコーデ

ティザーでのワンシーンでWHYNOTUS(ワイノットアス)のスカートコーデを公開した。デニム素材に個性的なデザインがポップなコーデに独特なインパクトを与えるアイテムだ。

−aespa(エスパ)メンバーKARINA(カリナ)着用のWHYNOTUS(ワイノットアス)

WHYNOTUS(ワイノットアス)は独創的ないデザインで韓国女子を中心に注目を浴びている韓国ブランドであり、K-POPアーティストであるBLACKPINKや少女時代テヨンだけでなく日本のモデルである水原希子も愛用するブランんどだ。

WHYNOTUSのアイテムはこちら

 

aespa(エスパ)メンバーWINTER(ウィンター)

aespa(エスパ)メンバーであるWINTER(ウィンター)はaespa(エスパ)の中でメインダンスとメインラップを担当している実力派メンバーだ。

aespa(エスパ)メンバーWINTER(ウィンター)のアクセサリーコーデ

WINTERはPV内にてromangshu(ロマンシュ)のピアスを着用した。キラキラと輝くデザインと揺れ動く雰囲気あるピアスは女性らしさを表現してくれるアイテムだ。

−aespa(エスパ)メンバーWINTER(ウィンター)着用のromangshu(ロマンシュ)

romangshu(ロマンシュ)は煌びやかなデザインで一人一人の魅力を引き出してくれるアイテムがK-POPアーティストにも愛されているブランドであり、K-POPアーティストのステージからPV衣装まで多くのアーティストが着用している。

romangshuのアイテムはこちら

 

aespa(エスパ)メンバーWINTER(ウィンター)のティザーコーデ

WINTERはOJOS(オホス)のアイテムで全身のコーデをまとめた。WINTERが持つ綺麗で清楚なイメージとOJOS(オホス)のアイテムがうまい具合にマッチしたコーデだ。

−aespa(エスパ)メンバーWINTER(ウィンター)着用のOJOS(オホス)

ガーリーな魅力の中に独特なパターンでOJOS(オホス)らしいアイテム展開が愛させている韓国ウィメンズブランドであり、BLACKPINKのメンバーが多く愛用しているブランドでもある。

OJOSのアイテムはこちら

 

aespa(エスパ)メンバーNingNing(ニンニン)とは

aespa(エスパ)メンバーであるNingNing(ニンニン)は中国出身メンバーであり、中国のオーディション番組をきっかけに注目を浴びたメンバーであり、練習生時代はSMルーキーズとして活動していたメンバーだ。また、aespa(エスパ)ではメインボーカルを務めているメンバーだ。

aespa(エスパ)メンバーNingNing(ニンニン)のオフショットコーデ

NingNingはオフショットにてODD ONE OUT(オッドワンアウト)のニットカーデガンを着用した。ニットで可愛らしさを演出させるもニットキャップでストリートさも表現、可愛さとストリートさを掛け合わせることでファッショニスタなコーデへと魅せてくれている。

−aespa(エスパ)メンバーNingNing(ニンニン)着用のODD ONE OUT(オッドワンアウト)

ODD ONE OUT(オッドワンアウト)は芸術、文化、ファッションを基盤にアイテム展開する韓国ブランドだ。ストリートだが女の子の心をくすぐるデザインはK-POPアーティストからも支持を得ていてBLACKPINKやITZYも着用している。

ODD ONE OUTのアイテムはこちら

 

aespa(エスパ)メンバーNingNing(ニンニン)のPVコーデ

NingNingはPVにてKYE(カイ)のデニムを着用した。ダメージ加工のデニムはPVならではの着こなしコーデだろう。

−aespa(エスパ)メンバーNingNing(ニンニン)着用のKYE(カイ)

KEY(カイ)は若い世代の気持ちを代弁するかのような果敢で独性のあるデザインと愉快なメッセージが込められている韓国ブランドだ。

KYEのアイテムはこちら

 

aespa(エスパ)メンバーNingNing(ニンニン)の楽屋コーデ

NingNingは楽屋コーデでDAUSPICE(ダオスペイス)のスェットを着用した。今シーズンもトレンドのベロア素材はシンプルなデザインでもより可愛さとお洒落感を演出させてくれている。

−aespa(エスパ)メンバーNingNing(ニンニン)着用のDAUSPICE(ダオスペイス)

DAUSPICE(ダオスペイス)はストリートとシックさを魅せている韓国ブランドであり、ダンスシーンにマッチするアイテムを展開している。EXOベッキョンやIZONEなど男女問わずK-POPアーティストが着用する新生ブランドだ。

DAUSPICEのアイテムはこちら

 

aespa(エスパ)メンバーGISELLE(ジゼル)とは

aespa(エスパ)メンバーであるGISELLE(ジゼル)は日本人メンバーであり日本語、英語、韓国語の3カ国語を操るトリリンガルでもあるメンバーだ。また、SMエンターテインメントでは初の日本人ガールズメンバーだ。

aespa(エスパ)メンバーGISELLE(ジゼル)のTikTokコーデ

GISELLEはTikTokにてclove(クローブ)のカーデガンコーデを披露した。カジュアルだがスポーティーな魅力がミックスされたdデザインはclove(クローブ)らしいアイテムだろう。

 

−aespa(エスパ)メンバーGISELLE(ジゼル)着用のclove(クローブ)

clove(クローブ)はクラシックな感性のライフウェアブランドであり、シンプルなデザインにスポーティなムードを展開しスポーツシーンや旅行だけでなく様々なシーンで愛されてほしいという思いを込めたブランドだ。

cloveのアイテムはこちら

 

aespa(エスパ)は11月17日にデビューしたばかりだが、AIとミックスされたグループ構成にやSMエンターテイメントからの期待の星としてデビューしたことですでに多くの注目を浴びているaespa(エスパ)だからこそ今後どのような展開をしていくのか楽しみだ。

 


SMエンターテイメントアーティストのコーデはこちら